読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北産の私が関西に馴染むまで

馴染みきったらブログ終了

そしてあれよあれよで一か月半

ブログ書こうって思ったら、一か月半経ってましたね。驚き。

なんなら前回の入籍前日記の存在すら忘れていました。

 

結論から書くと、

無事入籍して現在は関西にて、旦那さんと二人暮らしを開始することが出来てます。

 

 

うん。

なんとかなるもんだなあ。

 

結婚式もしていないし、

引っ越し自体も旦那さんが事前に済ませていたもんだから、

穏やかになんてことなくスタートしてしまってるよね。

 

夫婦らしいことを何一つしてない気がして、

二人して実感湧かないわあなんて口にしてる日々です。

ほんと、同棲感から抜け出せるのはいつなのだろうか。

 

それでも舞い込んでくる有難いお祝いの数々に、

もれなく返礼しなくてはと気を張っているくらいかな。夫婦としては。

 

職業:主婦

 

という欄にチェックを入れる日々で、

専業主婦というものを体験させて貰ってるわけだけど、

家事一個一個にゆとりを持てて、

おはようからおやすみまで”ちゃんと”出来てるなってことだけが唯一の落ち着き。

ここにイレギュラーが発生して崩れていくのかと思うと不安がよぎりまくる。

 

で、

もうそろそろ一緒に暮らし始めて一か月を迎えるわけで。

ここにきてふと、

 

あ、暇だ。暇が私を駄目にしてる。

 

という感情が湧いてきました。

 

引っ越し直後は土地勘もまったく無いし、

模索しながら買い物をして冷蔵庫をちょっとずつ潤したり、

生活に必要なモノをちょこちょこ買い足したり、

保険とか年金、失業保険等の事務手続きに出回ったり、

 

いっぱいいっぱいではないんだけど、

それらをしてるうちに日々が過ぎていったのは間違いない。

 

安定してきた。

 

冷蔵庫も毎日のお弁当に対応できるまでには整えたし、

生活用品だってあとは都度買い足しでいける。

失業保険の受給も始まったし、

毎月必ず通わなきゃいけなかった婦人科も決めれた。

 

うん、安定してきた。

 

ふと暇を思わせるのは、旦那さんが夜いないとき。

自分一人のために夕飯を作る気になんてまったくならず、

ただただ帰りを待つ時間がすーーーーーーーーーーーごく億劫だった。

旦那さんに対する文句ではなくて、

時間の使い方が下手くそだった私が情けないんだなあ。

おひとり時間大切にしなきゃだ。

 

今日はこのあと何をしよう。

お弁当のおかずを作って、またブログをしたためようかなあ。

 

旦那さんは体調悪くて寝ているし、

二人暮らしを始めると、

一人でテレビを見るのが虚しい。一人でご飯食べるのが虚しい。

 

早く元気になりますように。